一宮駅前の織姫像

一宮駅の南側、高架のすぐ近くに目を引くブロンズ像があります。繊維の街のシンボルとして設置された「織姫像」で、1959年(昭和34年)に彫刻家の野水信によって製作されました。その大きさは、約2.65メートルです。

ウールの恩恵をもたらした羊を連れた少女が、空に向けて両手を大きく広げています。未来に向かって駆け出そうとする姿が印象的でもあります。当初は、一宮駅東側の銀座通ロータリーに設置されていましたが、駅前の整備に伴い、1999年に現在の場所に移設されています。また、織姫像のミニチュアが、成人式の記念品として贈呈されたこともあるそうです。

織姫というと、和服姿を連想しますが、一宮駅前の「織姫像」はギリシャ神話に出てくるような女神です。七夕の象徴として、「彦星像」があってもよさそうですが、製作および設置は確認できていません。

旅行バスの待ち合わせ場所に使われることが多いと聞きますが、付近に渋滞が発生するためお勧めはできません。(text in 2013.7.1)

織姫像

この記事を読んだ人には、こんな記事も人気です

  • 農協の育苗センターで稲の苗が育っています 南小渕にある農協の育苗センターでは、コシヒカリ、あいちのかおり、ハッシモ、十五夜もちの苗が育っています。隣接する田んぼ一面に、育苗箱で育つ苗の緑が広がる景色は爽快です。田植えシーズンは5月下旬から6月上旬。水が張った田 […]
  • 一宮ジャンクションに西尾張インターチェンジを新設工事中です 西尾張中央道や名神高速道路の渋滞緩和を目的に、西尾張インターチェンジが一宮市大和にある一宮ジャンクションで新設工事が進められています。2011年に着工して2013年度末に供用開始予定でしたが、2017年5月現在に至って […]
  • カルコス一宮店の後に、精文館書店一宮南店がオープン 惜しまれつつ閉店した牛野通り沿いのカルコス一宮店の後に、精文館書店一宮南店がオープンしました。精文館書店は競輪場隣の一宮店に続いての出店です。 開店初日だったり、広報不足も起因してか、店内はガラガラでした。立地メ […]
  • 町内会の皆様が集まって草刈りなどの用水掃除 一宮パーキングエリア(上り)北部にひろがる田園風景。そこを流れる用水路の掃除は、周辺の町内会の皆様が集まって美化されています。電動草刈り機や鎌を持ち合って、伸びてきた草を刈ります。区画整理が未着手のため、田んぼや畑の守 […]
  • 洗車用品の自動販売機を一宮市内のコイン洗車場で発見 愛知県一宮市内のコイン洗車場を調査していると、洗車用品の自動販売機をみつけました。便利に使えそうですが、くれぐれも誤飲しないように気を付けてください。飲料と同じ規格の自動販売機のため、商品形態が似てくるのだろうと思いま […]
  • 一宮市章をかたどった憩いの場 何気なく通ってしまうと全く気づきませんが、立ち止まって注意深く見てみると一宮市章をかたどっていることがわかります。 その場所は、一宮駅東口からまっすぐに伸びている銀座通りにあります。腰を下ろすのに丁度いい高さの造 […]
  • 等身大のいちみんが、駅の待ち合わせスポットになるのかも 尾張一宮駅前ビル(通称i-ビル)のエスカレータの脇に、一宮市のマスコットキャラクター「いちみん」の等身大モニュメントが誕生。壁に埋まっている状態ですが、駅コンコースで目立つ位置にあるため、待ち合わせスポットとして新しい […]
  • 新しい一宮庁舎の完成に向けて、クレーンがフル稼働中です 建設中の新しい一宮庁舎の骨組みに、ガラスが設置されています。頭上から垂れてくるクレーンに、一枚一枚パネルやガラスを吊し上げていく流れは、見上げるだけでも楽しめます。もちろん、安全のために真下からではなくて、少し離れた場 […]
  • 第23回参院選 第23回参院選が公示されて、7月21日の投開票に向けた選挙戦が始まっています。与野党9党による今回の選挙は、憲法、原発、TPPが論点となりそうです。 一宮市が含まれる愛知選挙区には、現職が2人、新人が8人。その内 […]
  • 本町アーケードの撤去作業が順調 ゴールデンウィーク後の5月から始まった、本町商店街1丁目のアーケードの撤去が順調にすすめられています。 やはり、アーケードが撤去されることで開放感が充実して、ワンブロック先からでも真清田神社の鳥居や境内門が鮮やか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA