略式年表



愛知県一宮市の始まり

  • 1921年/明治22年に中島郡一宮村と一色村が合併してできた一宮町が、市制施行により一宮市となる。人口は3万558人、世帯数は6,398世帯。旧尾西市は、起町と朝日村が合併。旧木曽川町は、黒田町から改称。
  • 1922年/市庁舎新築のため、元一宮高等女学校校舎に移り執務。市章を定める。
  • 1927年/一宮商業会議所を一宮商工会議所に改称。
  • 1928年/夜間常設の消防隊を設置。尾州織物同業組合が設立。
  • 1930年/一宮市庁舎が完成。
  • 1932年/市営の乗合自動車を開業。
  • 1935年/名古屋岐阜間で電車が開通(現在の名古屋鉄道)この頃に日本最大の毛織物産地となる。

戦災を乗り越えて行く復興期

  • 1936年/一宮診療所を開設。下水道を供用開始。市歌を制定。上下水道給水を開始。
  • 1939年/一宮診療所を一宮市立市民病院に改称。
  • 1940年/葉栗村、西成村を合併。
  • 1945年/戦災により、市街地の大半を失う。罹災戸数は10,468戸、罹災者は41,027人(その内の死者は727人、重傷者は4,187人)。
  • 1946年/天皇陛下が御巡幸される。都市計画街路を廃止して、復興計画街路を決める。
  • 1947年/国民学校を小学校に改め、新制中学校が設立。
  • 1949年/伝達頼りを発行。市民病院神官が開館。

戦災復興からガチャマン景気への飛躍

  • 1950年/第5回国民体育大会を開催。一宮競輪場が完成。この頃から「ガチャマン景気」と呼ばれる繊維産業の好況が始まる。
  • 1951年/伝達だよりを一宮広報と改称。尾張一宮駅ビルが完成。
  • 1953年/戦災で焼失した真清田神社本殿を上棟。
  • 1955年/隣接する町村(丹陽村、浅井町、北方村、大和町、今伊勢町、奥町、萩原町、千秋村)と合併。旧尾西市の市制施行。
  • 1956年/第1回おりもの感謝祭一宮七夕まつりを開催。濃尾大橋が開通。
  • 1958年/清掃工場が完成。旧尾西市庁舎が完成。
  • 1959年/伊勢湾台風により、災害救助法が適用。

日本の高度経済成長とともに

  • 1960年/一宮市市庁舎の新館が完成。
  • 1961年/交通安全都市を宣言。集中豪雨により、災害救助法が適用。
  • 1962年/市住宅公社を設立。
  • 1964年/名神高速道路一宮インターチェンジが開通。
  • 1965年/縫製工場団地が完成。中小企業福祉センターを開設。人口が20万人を超える。
  • 1966年/あかるい青少年都市を宣言。豊島図書館が開館。
  • 1968年/学校給食共同調理場が完成。名鉄一宮循環バスが運転開始。濃尾大橋線(県道一宮大垣線)が開通。
  • 1969年/国道22号線(名岐バイパス)が全線開通。
  • 1971年/繊維卸商団地の完成
  • 1974年/一宮市民会館の開館
  • 1975年/銀座通地下公共駐車場の完成
  • 1978年/市民憲章の制定
  • 1980年/市民憲章のシンボルマークの決定
  • 1981年/一宮地方総合卸売市場の開場
  • 1984年/一宮地場産業ファッションデザインセンターの完成、尾濃大橋の開通
  • 1986年/皇太子ご夫妻のご視察
  • 1987年/一宮市博物館の開館
  • 1994年/わかしゃち国体の開催
  • 1995年/国営木曽三川公園138タワーパークの完成、一宮市平和都市宣言
  • 1998年/東海北陸自動車道の開通
  • 2002年/特例市へ移行
  • 2004年/第1回ジャパンヤーンフェアの開催
  • 2005年/一宮市・尾西市・木曽川町が合併(人口は38万人程に)、名古屋高速道路16号一宮線の開通
  • 2006年/クルマに一宮ナンバーを導入
  • 2007年/市民憲章を新たに制定
  • 2010年/市のマスコットキャラクター「いちみん」誕生
  • 2011年/一宮市総合体育館の開館、市制90周年を迎える
  • 2012年/尾張一宮駅前ビル(通称はi-ビル)の完成
  • 2014年5月/新庁舎で業務開始
  • 2015年2月/一宮市長選挙で中野正康氏が初当選。第9代の一宮市長に
  • 2015年4月/一宮市議会議員一般選挙の実施
  • 2015年7月/「おりもの感謝祭一宮七夕まつり」が第60回の記念開催
  • 2015年12月/一宮市立図書館が創立100周年を迎える
  • 2019年2月/一宮市長選挙で中野正康氏が再選。第10代の一宮市長に
  • 2019年4月/一宮市議会議員一般選挙の実施
  • 2019年10月/いちのみや中央プラザがオープン