新濃尾大橋(仮称)を建設中。2022年(平成34年)の完成予定です

濃尾大橋(1956年の開通)の慢性的な渋滞の解消を主な目的として建設が進められている新濃尾大橋。愛知県一宮市と岐阜県羽島市を結ぶルートで、この事業は愛知県と岐阜県の共同事業です。

当初は新聞などで報道された通り、建設予定地の周辺に希少種の淡水魚が生息しているため、着工が遅れたようですが、2012年に着工されました。水質汚濁防止対策、騒音振動対策、事後調査(工事前調査、工事中調査、工事後調査)を徹底。生態系や河川環境に配慮して、計画時や工事中においてできる限り回避・低減するように努める方針が打ち出されています。自然環境に配慮した工法をとります。

地元の自治体が20年以上にわたって懇願した橋だと聞きます。総工費は90億円。クルマで川を越えるためには橋を渡るしか方法はありません。新しく橋を開通させても、渋滞緩和という目的は達成されないと思います。新濃尾大橋から川下にある西中野に渡瀬船が現役で動いています。これは愛知県の事業で、無料で利用者を対岸まで運んでいます。この渡瀬船の代わりとして、新濃尾大橋が開通される、と思った方が自然です。

車道と歩道が整備された新しい橋が誕生します。その時、渡瀬船の役割は十分果たせたとなります。(text in 2014.7.23)

20140723新濃尾大橋

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

田植えシーズンを間もなく迎えるために、用水が増水しています... 田畑に恵まれている愛知県一宮市。米や野菜などの豊かな食物が育まれるとともに、自然環境の維持に大きな役割を果たしています。2015年も5月下旬を迎えて、所々で土を起こしたり田植えが始まっています。 ...
一宮市博物館で合併10周年の企画展「いちのみやのあゆみ」が開催中です... 2005年(平成17年)に行なわれた一宮市、尾西市、木曽川町の合併から、現在までの歴史を写真と資料で学べます。具体的な協議資料が無かったので残念。一宮市では明治、昭和、平成の3回にわたり大合併が繰り返...
一宮市議会議員一般選挙が告示されました。投票日は2015年4月26日日曜です... 統一地方選挙の後半戦です。一宮市では市議会議員の選挙となり、立候補者数は53人で、当選の定数は38人。有権者にもっとも近い政治家のため、血縁や地縁に大きな役割があります。掲載写真の掲示板が一宮市内で5...
愛知県議会議員選挙と一宮市議会議員選挙が2015年4月に行なわれます... 一宮市内の歩道、道路沿い、学校周辺、畑などに、選挙用の掲示板が設置され始めています。県議と市議の両方を貼り出すため、とても長い掲示板です。立候補者の顔ぶれが勢ぞろいすると、圧巻の掲示板となりそうです。...
いちのみや春のお祭り・イベント大集合が始まっています... 一宮市内の住宅や沿道では、早桜が咲き誇っている姿も見られます。大江川沿いや木曽川堤防沿いの桜は、まだ小さなつぼみの状態。 毎年の恒例となりつつある「いちのみや春のお祭り・イベント大集合」のスタン...
第4回一宮競輪場跡地利用検討委員会を傍聴席で拝見しました... 2015年1月26日に一宮市役所本庁舎6階で第4回一宮競輪場跡地利用検討委員会が開催。「HELLO!! 138」チームは傍聴席で見聞してきました。傍聴の申込は、開会45分から30分前までに所定の場所で...
第9代一宮市長に中野正康さんが当選。新しい市長で、新しい市政が始まります... 2015年2月1日日曜に即日開票された一宮市長選で、中野正康(なかのまさやす)さんが初当選されました。もうひとりの保守系候補者との接戦を制した結果です。 一宮市長選開票結果 40,752 中野...