名鉄「今伊勢」駅南側の踏切の危険要因と改善策

国土交通省が作成した踏切安全通行カルテ(2007年4月公表)の中で、愛知県一宮市内で対策が必要な踏切として抽出されたのは下記の場所です。

・名鉄本線「今伊勢」駅の南側の踏切
・名鉄本線「石刀」駅の南側の踏切
・JR「木曽川」駅の北側の踏切
・名鉄本線「新木曽川」駅の北側の踏切
・北方消防出張所近くの名鉄線の踏切
・名鉄尾西線「苅安賀」駅東側の踏切

「今伊勢」駅、「石刀」駅近くの踏切では、対策のひとつとして注意喚起看板が設置されています。「踏切は安全に通行しましょう」と書かれた看板がありますが、ご存知でしたか。その他で対策済の場所はありませんが、西尾張中央道に対しての名鉄尾西線の高架化は推進中。総合駅の「一宮」駅周辺は鉄道が立体化されているので、踏切対策の必要性が無いと思います。

「HELLO!! 138」チームは、「今伊勢」駅の南側の踏切を見てきました。最初の印象は、電車の往来が多いため、遮断機が忙しく上下していることです。国土交通省の資料から、ピーク時の遮断時間が「1時間の内で40分以上」とされています。電車の通過後、線路を渡り切ったらすぐに、再び踏切の警報音が鳴りました。学生が「ちょー早い」と叫んでいました。時間帯により、開かずの踏切、と言えます。名鉄本線とJR線が並走して敷かれているのが主因です。

鉄道を横切る市道は片側一車線(センターライン無し)で、歩道(踏切の東側は無し)が設けられています。その市道に接続する側道が多く、踏切渋滞の原因となっています。車も人も自転車も往来があり、それぞれが直進すると限らず、左折や右折するため渋滞を引き起こします。

民家や店舗が密集している地域(警報音や電車の振動が激しいと想像します)で、鉄道の高架化あるいは市道の地中化は実現困難と思います。「HELLO!! 138」チームは、踏切を横切る市道の一方通行、側道への進入および側道からの進行の制限を提案します。歩道橋の設置も提案します。
(text in 2017.3.17)

20170317今伊勢駅の踏切

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

セアカゴケグモを見つけたら、触らずにすぐに行政機関にご連絡を... 一宮市内の各所で毒を持っているセアカゴケグモが、大野極楽寺公園、尾西庁舎、木曽川庁舎、一宮市総合体育館などで発見されています。見つけた場合は、絶対に素手で触らず、一宮市役所、保健所、施設職員にご一報く...
夕方など、突然の雷雲による豪雨や強風ご注意ください... 平成最後の夏が終わり、秋の気配が出始めています。酷暑は辛い経験値となり、到来する冬の冷え込みはいくらか和らぐのかと想像します。 引き続き、天気の急変には十分ご注意ください。雷雲がぐんぐんと大きく...
地域防災力の向上につながる避難所運営リーダー研修に参加... 一宮防災ボランティアネットワークが主催、一宮市市民活動支援センターが共催の「避難所運営リーダー研修」に「HELLO!! 138」チームは参加してきました。一宮市市民活動支援センターの会議室がいっぱいに...
豪雨の際に気を付けたい、愛知県一宮市内のアンダーパス... 平穏時には、渋滞の解消や交通事故の防止などに役立つアンダーパス(特定の道路や線路に対して、地下道で通過する立体交差の構造)。しかし、突然のゲリラ豪雨や大型の台風時などで、その地下道が冠水する重大な災害...
積乱雲が発達し始めたら、突然の豪雨や雷にご注意ください... 夏本番。太陽がさんさんと輝き、青空がどこまでも爽快に広がります。天気予報で「雷などにご注意を」と言うように、突然の雷雨となるのも特徴です。地表や海面からの水蒸気が集まり雲に発達。その雲がにょきにょきと...
田植えシーズンを間もなく迎えるために、用水が増水しています... 田畑に恵まれている愛知県一宮市。米や野菜などの豊かな食物が育まれるとともに、自然環境の維持に大きな役割を果たしています。2015年も5月下旬を迎えて、所々で土を起こしたり田植えが始まっています。 ...
大雪警報(すでに解除)の発表を経て、愛知県一宮市でも積雪となりました... 名古屋地方気象台が、2014年12月18日木曜の深夜1時頃に、愛知県の広い範囲で大雪警報が発表されました。昼ごろになって、大雪注意報と変わっています。寒気は北から流れてきます。北からの雲(雪雲)の動き...