大雨による濁流が何日か経ってから流れ着いて、用水や川が増水します

先日の局地的な大雨により日本全国で被害が出てしまいました。岐阜県や犬山市の川上で発生した濁流は、何日か経ってから、川下となる一宮市内の用水や川に流れ着いてきます。水は濁り、水位が上がるため、いつも異常な注意が必要です。

もし大雨が長く続いたり、雨量がさらに増すようだと、一宮市内の用水や川も決壊の恐れがあるかもしれないとの危機管理が求められます。一宮市内の各所では道路が冠水しやすいです。(text in 2014.8.19)

20140819大雨による濁流

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます