石刀祭

時より風が強く吹く週末、一宮市の指定無形民俗文化財の伝統行事「石刀祭」が、一宮市今伊勢町の石刀神社で開かれました。高さ8メートルほどの山車が3台連なり、笛や太鼓の囃子に合わせて地元の方によって引かれて進んでいきます。手作りの紙吹雪が、風になびいてキラキラと舞っている風景は、愛されている祭りを象徴しているようでした。(text in 2013/04/24)

石刀祭

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。