車と電車とバスの交通網

クルマ

一宮市内を南北に走る国道22号線と、東西に走る国道155号線が主要な一般道です。高速道路網も恵まれていて、東京と大阪を結んでいる名神高速道路が通っています。一宮JCTで、東海北陸自動車道と連結。一般道でも高速道路でも、朝夕のラッシュ時は渋滞します。さらに、一宮駅前、競輪の開催日なども周辺は渋滞します。主要道路での渋滞を避けるために迂回路などを選んでも、けっきょく渋滞している道とつながっているために、渋滞の列で少しずつでも進んでいった方がよいと思われます。

クルマのある生活はやはり便利で、戸建てでもマンションでも、駐車スペースを確保できる土地事情です。月極駐車場も充実しています。また、セルフ式のガソリンスタンドも整備されているため、ガソリンのコストも下げられます。

クルマのアクセスガイドはこちら

電車

一宮市内には、寄り添うようにJR線と名鉄線が南北に走っています。JR東海道本線は、名鉄に比べると安価で早く、名古屋や岐阜へ出かけられます。名鉄名古屋本線は、停留駅が多いため、細かな移動計画に便利です。名鉄尾西線は、尾西方面や萩原や大和方面から、一宮駅へ行くための交通手段として大切です。また、萩原方面の尾西線は、弥冨駅までつながっていて、JR関西本線に乗り換えが可能です。

名鉄名古屋本線が通っている清須市の枇杷島や新川辺りは、2000年に起こった東海豪雨の際に水没しました。低い土地にあるため、豪雨の際は電車が止まる場合もあります。名古屋方面に行ったり、名古屋方面から戻ってくる際は注意が必要です。

名鉄犬山線が一宮市の東側を走っています。一宮駅へ行くよりも、岩倉駅や石仏駅が近い場合もあります。特に岩倉駅は、地下鉄鶴舞線の直通便や、中部国際空港セントレアへの直通便も停車するため、出かける先によって活用したいです。

電車のアクセスガイドはこちら

バス

i-バス

一宮市循環バス「i-バス」がは、4つのコース(一宮コース、尾西北コース、尾西南コース、木曽川・北方コース)に分かれて運行されていて、一乗車100円(一宮コースは料金体系が異なります)の利用のしやすさです。街乗りには最適な交通手段で、1時間にほぼ一本の運行です。
※2015年(平成27年)10月から運行時刻やコースなどが変更となりました。

【一宮コース】

  • 利用料金:1回の乗車につき200円(大人)、100円(小学生)、無料(小学生未満)
    ※「木曽川庁舎」から「エコハウス138」間は特別運賃が適用される区間です。1回の乗車につき100円(大人)、50円(小学生)、無料(小学生未満)です。
    ※しょうがい者手帳などをお持ちの方は、大人が100円、小学生が50円です(付添もおひとりまで適用)。特別区間内は大人50円、小学生30円です。
    ※ICカード(manaca)がご利用できます。マイレージポイントや乗継割引などは対象とならないためご注意くさだい。
  • 運行日:毎日運行(12月29日から翌年の1月3日までは運休)
  • 回数券の販売:100円券の11枚つづりを1000円で販売(生活交通バスと共通の回数券)
    ※100円未満の運賃には使用できません。
    ※販売場所は、バス車内、一宮庁舎内の地域ふれあい課、名鉄バス一宮営業所など
  • 1日乗車券の販売:大人500円、小学生250円で販売(生活交通バスと共通の1日乗車券)
    ※販売場所は、バス車内、一宮庁舎内の地域ふれあい課、名鉄バス一宮営業所など
  • 料金は後払いで、後ろの扉から乗車して前の扉から降車する際に、料金箱に支払います。
  • 車いすを利用されている方もご乗車いただけます。乗り降りの際は運転手にお声掛けください。
  • バスの運行中、次の停留所を電光掲示板と音声でお知らせします。降車される方は、前もって降車ボタンを押してください。

【尾西北コース、尾西南コース、木曽川・北方コース】

  • 利用料金:1回の乗車につき100円(小学生未満は無料)
    ※ICカード(manaca)がご利用できます。マイレージポイントや乗継割引などは対象とならないためご注意くさだい。
  • 運行日:毎日運行(12月29日から翌年の1月3日までは運休)
  • 回数券の販売:100円券の11枚つづりを1000円で販売(生活交通バスと共通の回数券)
    ※販売場所は、バス車内、一宮庁舎内の地域ふれあい課、名鉄バス一宮営業所など
  • 1日乗車券の販売:大人500円、小学生250円で販売(生活交通バスと共通の1日乗車券)
    ※販売場所は、バス車内、一宮庁舎内の地域ふれあい課、名鉄バス一宮営業所など
  • 料金は後払いで、後ろの扉から乗車して前の扉から降車する際に、料金箱に支払います。
  • 車いすを利用されている方もご乗車いただけます。乗り降りの際は運転手にお声掛けください。
  • バスの運行中、次の停留所を電光掲示板と音声でお知らせします。降車される方は、前もって降車ボタンを押してください。

バスのアクセスガイドはこちら

生活交通バス

市民の要望によって運行を始められた「生活交通バス」は、2つのコース(大和町・萩原町コースの「ニコニコふれあいバス」、千秋町コースの「千秋ふれあいバス」)があります。一乗車大人200円、小学生は100円、小学校入学前のお子様は無料です。大和町・萩原町コースは1日10便、千秋町コースは1日7便の運行です。

  • 利用料金:1回の乗車につき大人200円、小学生は100円(小学校入学前のお子様は無料)
    ※しょうがい者手帳などをお持ちの方は、1回の乗車につき100円、小学生が50円です(付添もおひとりまで適用)。
  • 運行日:毎日運行(12月29日から翌年の1月3日までは運休)
  • 回数券の販売:100円券の11枚つづりを1000円で販売(i-バスと共通の回数券)
    ※100円未満の運賃には使用できません。
    ※販売場所は、バス車内、一宮庁舎内の地域ふれあい課、名鉄バス一宮営業所など
  • 1日乗車券の販売:大人500円、小学生250円で販売(i-バスと共通の1日乗車券)
    ※販売場所は、バス車内、一宮庁舎内の地域ふれあい課、名鉄バス一宮営業所など
  • 車いすを利用されている方もご乗車いただけます。乗り降りの際は運転手にお声掛けください。

バスのアクセスガイドはこちら

名鉄バス

i-バスや生活交通バスに比べると、運賃が割高になりますが、一宮市内に停留所が点在しているため、バスの交通手段としては使い勝手が良いと思われます。また、2013年4月から、一宮駅とイオンモール木曽川を結ぶ名鉄バス路線が新規運行されました。料金は、中学生以上の大人200円、小児100円です。

  • 利用料金:利用区間により異なります(イオンモール木曽川行きは一律です)
    ※ICカード(manaca)がご利用できます。
  • 運行日:毎日運行(お盆や年末年始は、休日ダイヤで運行)
  • 料金は後払いで、後ろの扉から乗車して前の扉から降車する際に、料金箱に支払います。
  • バスの運行中、次の停留所を電光掲示板と音声でお知らせします。降車される方は、前もって降車ボタンを押してください。

バスのアクセスガイドはこちら

高速バス

一宮駅前と一宮IC(国道22号線沿いの店舗前)近くに、高速バスの降車停留所があります。名鉄バスとJR東海バスが運行していて、主に名古屋方面便の途中降車ができるところとなっています。

バスのアクセスガイドはこちら

名神一宮の高速バス


「ハロ~いちのみや」をご覧いただき誠にありがとうございます。定期更新を心掛けた地域密着の情報サイトをお楽しみください。