一宮おでかけバス手形を利用して

「HELLO!! 138チーム」は、「一宮おでかけバス手形」を利用して、一宮市の端の地域から、一宮駅までバスで移動しました。
東三ツ井停から尾張一宮駅停までの路線で、所要時間は約25分。実際の乗車賃は、片道430円(往復830円)ですが、600円の「一宮おでかけバス手形」を利用できたため、230円分がお得にバスを利用できました。仮にクルマで一宮駅まで行き、近くのコインパーキングにとめると、24時間利用の打ち止めは800円~1000円かかります。郊外からのバス利用は、ずいぶんとお金を節約できます。問題は、どうしても本数が少ないこと。尾張一宮駅停と九日市場停を結ぶ路線は、ほぼ1時間に1本です。

バスは信号で停車すると、アイドリングを止めるためにエンジンを切ります。当然、冷暖房もいったん切られます。一般車にそのようなエコ活動がひろまっていないことを思うと、バス利用が少ない原因のひとつと言えそうです。せっかくお金を払って乗っていますから、快適に移動したいと考えるのが自然です。
バスだけに、アイドリングストップを義務付けるのは、酷だと気付きます。

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。