一宮おでかけバス手形

一宮市内のすべてのバス乗車で利用できる「おでかけバス手形」が発行されています。大人600円、小人300円で、2013年9月までが有効期間です。名鉄一宮駅のバスターミナル窓口、イオンモール木曽川、一宮庁舎8階の地域ふれあい課などで販売されていて、スクラッチ式の珍しい手形です。月と日でそれぞれ一か所ずつ削り取る利用方法で、例えば8月20日に「おでかけバス手形」を利用する場合は、月の欄の「8」、日の欄の「20」をそれぞれコインなどで削ります。降車の際に、バス運転手に見せることで有効となります。

利用できるバス路線は、名鉄バス(一宮市内に限り、市外になるとその超過分を支払うことになります)、i-バス、ニコニコふれあいバス、千秋ふれあいバスです。有効期間が2013年9月30日までで、利用時間にも限りがあり平日は10時~16時に降車する必要があります(土日祝は終日において降車可能)。誤って多く削ってしまうと、無効になるので注意したいです。

三岸節子記念美術館、一宮市博物館、ツインアーチ138では、「おでかけバス手形」の利用日に限り、各種割引が受けられます。バスに乗って一日中、一宮市内を移動する場合、時刻表を見ながら事前の行動計画をしっかりと立てたいです。(test in 2013/4/30)

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。