あいちトリエンナーレ地域展開事業「織り目の在りか」が開催中です

愛知県一宮市に現代美術展が開催中。「織り目の在りか」は、あいちトリエンナーレの地域展開事業の一環です。

一宮市内の文化施設などで、現代美術作家の作品が鑑賞できます。まら、その作家によるワークショップが催されていますが、現時点で終了したプログラムもあるためご注意を。また、全会場を巡りたくなるスタンプラリーも開催。「HELLO!! 138」チームは、会場となっているオリナス一宮、墨会館、旧林家住宅、一宮市役所本庁舎、i-ビルを巡ってきました。すべてのスタンプを押した引換券を墨会館(オリナス一宮でも引換可能)へもっていき、記念品のオリジナルクリアファイルをいただきました。サイズがA5のため、少し使いずらいです。

作品鑑賞はもちろん、作家本人から直接、現代美術の醍醐味を聞いてみるのも楽しそうです。展示されている作品の善し悪しはあるはずですが、その制作過程の方が興味深いかもしれません。スタンプラリーに参加しましたが、押印用に台が設けられていない会場があったので、すぐに改善してほしいです。

「織り目の在りか」は、2018年2月12日祝日まで開催。午前10時から午後5時まで、月曜日は休館となります。バス路線の利用や、暖かい格好で自転車に乗って会場を巡ってはいかがでしょうか。(text in 2018.2.1)

20180201あいちトリエンナーレ

20180201記念品

この記事を読んだ人には、こんな記事も人気です