カルコス一宮店の後に、精文館書店一宮南店がオープン

惜しまれつつ閉店した牛野通り沿いのカルコス一宮店の後に、精文館書店一宮南店がオープンしました。精文館書店は競輪場隣の一宮店に続いての出店です。

開店初日だったり、広報不足も起因してか、店内はガラガラでした。立地メリットから、徐々に客足は増えてくると予想されます。書店業界の諸事情もあり、一日でも早くオープンしたかったためか、外壁の看板はカルコスのまま。たまたますぐ横を通るだけでは、新店オープンがわからないと思います。ポイントカードが一宮店と共通で利用できるため、一宮市を文化の薫る街として盛り上げていってほしいです。
(text in 2017.7.17)

20170717精文館書店のオープン

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。