農協の育苗センターで稲の苗が育っています

南小渕にある農協の育苗センターでは、コシヒカリ、あいちのかおり、ハッシモ、十五夜もちの苗が育っています。隣接する田んぼ一面に、育苗箱で育つ苗の緑が広がる景色は爽快です。田植えシーズンは5月下旬から6月上旬。水が張った田んぼに、苗が並び始めています。
(text in 2017.6.5)
20170605農協カントリーの苗

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。