市民が選ぶ市民活動支援制度の投票が始まっています

「1票から始まるまちづくり」をテーマに、2009年(平成21年度)から始まった市民が選ぶ市民活動支援制度。一宮市の事業で、市内の各地域で活動されている市民活動団体(いわゆるボランティア団体)を一宮市民が応援する制度です。一宮市の個人市民税の一部を財源として、事業要件を満たした届出団体に支援がわたります。全国からも注目されている地方で生まれた制度です。

平成29年度(2017年)実施事業として申請が受理されたのは73団体。自分が応援したいと思う団体に投票したり、知り合いの活動を応援したりと選択基準は様々です。投票方法は、所定の冊子に付いている用紙に記入して郵送、インターネットを活用した投票があります。一宮市の住民基本台帳に記録されている(2017年1月1日時点)年齢満18歳以上の市民が対象で、投票期間は2017年2月23日木曜まで。担当は、一宮市本庁舎9階の地域ふれあい課。

無関心ではダメで、地域の活動を知る機会につながっていくことを願います。
(text in 2017.2.2)

20170202支援制度

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます