カルガモ親子と田んぼの用水路沿いで偶然に会いました

「HELLO!! 138」チームは移動中、用水路沿いで偶然にカルガモ親子を見かけました。人の気配に気づき、親ガモがすぐに警戒。カメラを構えた時には、ずいぶんと遠くへ泳いで行ってました。野生のカルガモか、稲作の助っ人として放たれたのかはわかりませんが、田園風景に馴染んでいました。
(text in 2015.6.10)

20150610カルガモ親子

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。