花しょうぶ祭が萬葉公園で開催。淹れたての抹茶をいただきました

二日間に渡って催された「花しょうぶ祭」。萬葉公園高松分園で、色鮮やかな花菖蒲、蓮、睡蓮などが観賞できます。いくつかは咲き遅れてしまった花ですが、歌碑や詩碑が整備された公園全体の風情を楽しみたいです。琴や津軽三味線、和太鼓の演奏が優雅。公園内に構えられた「樫の木文化資料館」は、萩原出身の詩人、佐藤一英の提唱により設立された記念建造物です。樫の木でつくられた農具や生産道具が収蔵されています。実際に使っていた昔の人の生活まで思いを馳せると、とても感慨深いです。

20150608花しょうぶ祭

20150608花しょうぶ祭の抹茶祭に付き物の出店はありませんが、野菜の特売が、隣接する店舗で行なわれていました。また、菖蒲庵(休憩所)ではお茶会の席が設けられています。淹れたての抹茶と風味豊かな和菓子が嗜めます(抹茶券は300円)。障がい者専用の臨時駐車場が公園のすぐ北側にあります。一般のご来場は、平安会館萩原斎場の駐車場を利用可能です。
(text in 2015.6.8)


この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

愛知ディオーネを応援するために、一宮市営球場へ行こう... 日本女子プロ野球リーグは、2014年4月に誕生。当初は2チームからスタートし、現在は愛知ディオーネ、京都フローラ、埼玉アストライア、レイア(育成チーム)の4チームです。 愛知ディオーネは本拠地を...
一宮駅前に自撮りスポットが登場。夜に煌めく天使の羽根です... 全国的に有名な場所で展開されているアイデアにあやかり、一宮駅前にも自撮りスポットが設置されています。イルミネーションで天使の羽根を創作し、日が暮れると煌めき始めます。「なんだあれは?」と思う通行人が多...
平日限定で入浴と一宮モーニングが楽しめるいちのみや温泉施設... 一宮市多加木1丁目(丹陽西小学校の西側)にいちのみや温泉「楽だの湯」(らくだのゆ)があります。平日限定(7時30分から11時まで)で、入浴料でモーニングサービス(珈琲、トースト、サラダ)が付いてきます...
タワー通り。愛知県一宮市の通りを歩いたり走ったり... 国道22号線からツインアーチ138(138タワーパーク)に通じる約3.8キロメートルの通りです。1992年(平成4年)に愛称が「タワー通り」に決定。賑やかさや発展度合いはまだまだ少ないかもしれませんが...
牛野通り。愛知県一宮市の通りを歩いたり走ったり... 一宮市の南部に位置し、東西を結ぶ主要通りです。この辺りの住所が「牛野通」のため、そこから通り名が付いています。平日、休日を問わず混雑していて、時間帯によっては激しく渋滞します。「牛野通り」は「南北の牛...
グルメ通り。愛知県一宮市の通りを歩いたり走ったり... 国道22号線「下浅野」交差点を西へ約1.2キロメートル行ったところに「グルメ通り」が南北に延びています。「グルメ通り」の誕生の時期などは不明ですが、多くの飲食店が集まったためその名前が付いたと思われま...
伝法寺通り。愛知県一宮市の通りを歩いたり走ったり... 国道22号線の「伝法寺」交差点から、東側へ延びる通りが「伝法寺通り」です。「伝法寺通り」は、「HELLO!! 138」チームがネーミングしました。行政関係が非公認の通り名です。片側一車線で歩道が広くと...