田植えシーズンを間もなく迎えるために、用水が増水しています

田畑に恵まれている愛知県一宮市。米や野菜などの豊かな食物が育まれるとともに、自然環境の維持に大きな役割を果たしています。2015年も5月下旬を迎えて、所々で土を起こしたり田植えが始まっています。

田んぼに水をはるために、くまなく流れる農業用水は水量を調整されて増水しています。水の流れは速くありませんが、深い場所は必ずあります。ご注意ください。
(text in 2015.5.25)

20150525用水の増水

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

大雪警報(すでに解除)の発表を経て、愛知県一宮市でも積雪となりました... 名古屋地方気象台が、2014年12月18日木曜の深夜1時頃に、愛知県の広い範囲で大雪警報が発表されました。昼ごろになって、大雪注意報と変わっています。寒気は北から流れてきます。北からの雲(雪雲)の動き...
黒っぽい雷雲や雨雲は、西の空や北の空から一宮市にやってきます... ゲリラ豪雨の発生が多くなってきたと感じます。容赦のない日差しに、蒸し暑さを感じていたら、あっという間に大量の雨に足止めを食らいます。その雨を降らす雲(積乱雲)は、一宮市の場合、西の空からゆっくりと流れ...
大雨による濁流が何日か経ってから流れ着いて、用水や川が増水します... 先日の局地的な大雨により日本全国で被害が出てしまいました。岐阜県や犬山市の川上で発生した濁流は、何日か経ってから、川下となる一宮市内の用水や川に流れ着いてきます。水は濁り、水位が上がるため、いつも異常...
名鉄尾西線沿いの道路の一部が陥没寸前。土の流失が原因か... 「HELLO!! 138」チームは取材のために、名鉄尾西線沿いの道路を歩いていると、道の真ん中に工事柵が置かれていました。近づいてみると、その工事柵に囲まれるように、木の板が立っていました。さらに近づ...
一宮市消防団警防技術発表会が、大和南中学校で開催... 影ながら日ごろの訓練で努力して、地域防災に努めている消防団。消防署の常勤職員(消防職員)と異なり、消防団員は各自が別の職業に就きながらも災害時などに活動しています。一宮市内では現在、25団の消防分団が...
夕方など、突然の雷雲による豪雨や強風ご注意ください... 平成最後の夏が終わり、秋の気配が出始めています。酷暑は辛い経験値となり、到来する冬の冷え込みはいくらか和らぐのかと想像します。 引き続き、天気の急変には十分ご注意ください。雷雲がぐんぐんと大きく...
地域防災力の向上につながる避難所運営リーダー研修に参加... 一宮防災ボランティアネットワークが主催、一宮市市民活動支援センターが共催の「避難所運営リーダー研修」に「HELLO!! 138」チームは参加してきました。一宮市市民活動支援センターの会議室がいっぱいに...