最東端、最西端、最南端、最北端。一宮市の端っこを探訪

一宮市の最東端へ!

20141202一宮市の最東端名鉄犬山線を東側にすこしだけ越えた場所で、桜並木で有名な五条川が境目となっています。愛知県岩倉市と江南市の市境。明確な境界線の目印は見当たりませんが、岩倉市側は立派な遊歩道が整備されています。さらに、一宮市側には桜がなく、岩倉市と江南市側だけに立派な桜が育っています。


一宮市の最西端へ!

20141202一宮市の最西端中野の渡船場辺りで木曽川が境目となっています。木曽川の向こう岸は岐阜県羽島市で、
岐阜県と愛知県の県境でもあります。木曽川の圧倒的な自然美は見応え充分。すぐ南側は愛知県稲沢市です。


一宮市の最南端へ!

20141202一宮市の最南端住宅街、田んぼ、工場がひろがる長閑な場所。県道153号線に稲沢市との市境があります。
ここから一宮市、という看板が出ていました。県道を往来する車のドライバーにとっては、市境の実感は無さそうです。


一宮市の最北端へ!

20141202一宮市の最北端国道22号線(名岐バイパス)を北上していき、木曽川にかかる新木曽川橋の真ん中あたりです。岐阜県各務原市との市境で、最西端と同じで岐阜県との県境でもあります。遠くに見える138タワーパークや金華山の景色は雄大。目下を流れる木曽川の大きさが直に伝わってきます。クルマだと立ち止まることができないため、自転車を駆り出して望みたいです。


「HELLO!! 138」チームは、クルマで行ける市境はクルマで移動して、難しそうな場所は自転車を走らせました。一宮市の四つの方角の先端を訪ねました。木曽川に沿った街であり、面積が大きいこともよくわかりました。発展、開発といった領域からはずいぶん遠いです。(text in 2014.12.2)

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

ジャパン・ヤーン・フェアとTHE尾州で 地場産業の底力に触れます... 一宮地場産業ファッションデザインセンター(通称はFDC)の主催で、日本で唯一の糸の展示商談会「ジャパン・ヤーン・フェア」と、尾州産地の素材力をひろく発信する総合展「THE 尾州」が同時に開催さ...
初詣の願掛けなら真清田神社。一宮市の中心市街地にある歴史的建造物です... 真清田神社(ますみだじんじゃ)は、神武天皇33年に創建されたと言い伝えられています。その神武天皇の即位は紀元前660年(弥生時代)にあたるため、築2,000年以上の歴史があることになります(本...
市民活動支援センターで開催された防災ダレデモ車座トークに参加... 先月に開催された「防災ダレデモ車座トーク」に、「HELLO!! 138」チームは参加してきました。一宮市市民活動支援センターでは、定期的に市民向け講座が催されています。講演テーマを変えながらの企画運営...
一宮市近隣の岩倉駅周辺のコインパーキング... 一宮市の隣の都市、岩倉市にある岩倉駅周辺のコインパーキングを調査しました。岩倉駅は名鉄犬山線の主要駅で、普通、急行、特急が停車し、セントレア行きのミュースカイも停車するため便利です。また、地下鉄鶴舞線...
カルコス一宮店が2017年2月20日に閉店 「HELLO!! 138」チームも調べ事や資料の購入のために利用しているカルコス一宮店が2017年2月20日月曜に閉店。約31年間も地域の書店として営業されてきました。現在、閉店セールとして文具やホビ...
真清田神社へ初詣。車でお出かけの際は周辺コインパーキングのご利用を... 2016年もあと少しとなりました。愛知県一宮市内の初詣として、中心市街地にある真清田神社があります。いくつかの屋台も出ていて、年の瀬を彩っています。お出かけの際は、鉄道やバスの公共交通機関、徒歩や自転...
丹陽町連区ウォーク大会に参加してきました... 朗らかな秋空の元、2016年10月30日日曜に開催された丹陽町連区ウォーク大会に「HELLO!! 138」チームは参加してきました。正確な集計はわかりませんが、総勢200名ほどが集結。ご年配者の参加が...