第4回一宮競輪場跡地利用検討委員会を傍聴席で拝見しました

2015年1月26日に一宮市役所本庁舎6階で第4回一宮競輪場跡地利用検討委員会が開催。「HELLO!! 138」チームは傍聴席で見聞してきました。傍聴の申込は、開会45分から30分前までに所定の場所で申込ます。傍聴席は10席用意されていて、定員を超えた場合は抽選という形式です。今回の申込者は10名以内でした。

傍聴席のため、何の発言もできません。閉会後に思ったことは、これはひどい、と。今回は活発な意見交換もなく、沈黙の時間が流れただけでした。午後3時から午後5時で予定されていた委員会の会議ですが、ほんの40分程度で閉会。有識者と担当職員が時間を割いて集まっているため、何とももったいないと思いました。

第1回から第3回の議事録や資料を読み込んでいる最中です(一宮市役所のホームページでも閲覧できます)。競輪の歴史や伝統、その競輪が一宮市でどのような役割を果たしてきたかなどの議論が少ないのではと思っています。競輪場内でも会議を開ける場所があります。毎回、競輪場へまずは足を運ぶべきです。

次回第5回の開催は2015年3月27日金曜の予定です(2015年2月3日現在)。「HELLO!! 138」チームは出席できるように調整していきたいです。新しい市長が誕生して、この委員会の有り方がいい方向に変わっていくのか注視したいです。(text in 2015.2.3)

20150203一宮競輪場跡地利用検討委員会の傍聴

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。