黒っぽい雷雲や雨雲は、西の空や北の空から一宮市にやってきます

ゲリラ豪雨の発生が多くなってきたと感じます。容赦のない日差しに、蒸し暑さを感じていたら、あっという間に大量の雨に足止めを食らいます。その雨を降らす雲(積乱雲)は、一宮市の場合、西の空からゆっくりと流れてきます。気象庁のレーダーを見ると、岐阜県や三重県、滋賀県にあった雲が、時間と共に一宮市に流れてきます。突然の雨や雷に注意することは、雲の動きに注意すると同じです。西の空(もしくは北の空)を注視しながら、日常生活を送りたいです。

写真は、i-ビルのシビックテラスから撮りました。近くで雷が鳴っているなと思ったら、北西の空から黒い雲がもくもくと現れてきました。(text in 2014.8.26)

20140826雨雲

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。