一宮市役所新庁舎でいよいよ業務開始!利便性を高めた親しまれる施設に

ゴールデンウィーク中に一宮市職員による引っ越し作業が行なわれて、ゴールデンウィーク後に業務が新庁舎で開始されました。日常生活に滞りが起きなかったことに感謝です。

新庁舎の建設工事は、2011年10月から始められました。「どこでも、誰でも、自由に、使いやすく」が基本姿勢。市町村合併によるコスト削減とサービスの質の向上を目指した一宮・木曽川・尾西庁舎の集約効果が、最も大きな成果と思われます。一宮庁舎で受付けて、尾西庁舎で書類を受け取るような案件が無くなります。新たな懸案となる木曽川と尾西庁舎の跡地活用に、英知を結集してほしいです。税金を投入して、壊したり建替えたりすればいいという問題ではありません。

また、大規模災害への備えが万全。建物に免震構造を採用し、非常用発電機を配備。防災拠点としての機能を充実。防災会議室に設置されたモニターで、一宮市内の河川の水位や気象情報を随時監視してもらえます。ハード面が整ったため、有事における職員の体制やマニュアルなど、新たなソフト面の整備や確立内容が知りたいです。

一宮旧庁舎の解体、自走式立体駐車場の建設、西分庁舎の改修工事が引き続き実施されます。合併特例債により国から補助を受けての行政改革。約2年後からその返済が始まります。一宮市の歳入が増える施策、借金が減る施策を「HELLO!! 138」チームは取材していきたいです。(text in 2014.5.7)

20140507一宮市役所新庁舎

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます