水と緑と花の春まつり 一宮桜まつり

一宮市内に桜の名所は数多くあり、一斉に咲き誇ります。花見を理由に、お互いの近況を語り合うのも良さそうです。節度があり、マナーを守った場所取りを。

【大江川緑道】(一宮市桜)
中心市街地にある桜並木。サイトアップされますが、幻想的と言えないのが惜しいです。屋台も楽しめます。
【木曽川堤】(一宮市北方町、光明寺、浅井町)
樹齢100年を超える桜並木が約4キロに渡って続きます。桜に包まれたサイクリングロードは心地よい。花見バーベキューの定番スポットです。
【浅井山公園】(一宮市浅井)
池を囲むように桜が咲き誇ります。見応え充分のシダレザクラがある長誓寺(浅井山公園のすぐ北側)にも立ち寄りたい。
【尾西緑道】(一宮市小信中島)
宮田用水を緑道として整備して、桜並木が続いています。ベンチに腰を下ろして、桜を見上げたいです。
【萬葉公園】(一宮市萩原町)
静岡県河津町から取り寄せた原木のカワヅザクラが見られます。萩原町出身の詩人・佐藤一英の詩碑が建立されています。

ミス七夕とミス織物も参加する七福神パレードが一日限りで行なわれます。そのパレードは分刻みで各会場を回るため、事前確認して見に行きたいです。また、桜の樹の下でバーベキューができる会場は限られています。一宮桜まつり期間中、風が吹かず、陽気な天気に恵まれるのは、ほんの一日か二日です。運も招き入れて、春の到来を全身で感じたいです。

名称 水と緑と花の春まつり 一宮桜まつり
開催月 3月と4月(2017年は3月25日から4月10日に開催)
開催場所 大江川河畔、木曽川堤、浅井山公園、尾西緑道など
臨時の駐車場 設けていません
※常設駐車場がある会場もあります
その他 桜の開花状況などにより、開催期間が変更となる場合もあります。
大江川河畔は期間中の午後6時から午後9時30分に桜がライトアップされます。

20140417一宮桜まつり

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます