元町珈琲の一宮緑の離れ店が4月8日木曜にグランドオープン!粗品はドリンク

一宮市内では、愛知一宮の離れ店(愛知県一宮市中島通沿い)に続いて2店舗目の元町珈琲。「HELLO!! 138」チームも、グランドオープンした一宮緑の離れ店に行ってきました。店内に入ると、高級路線の経営戦略が感じられます。

異国情緒と日本の和を融合した空間づくりを演出。カウンターやテーブル席に加えて、座敷席があるのは楽しめる要素です。ただ、天井が低いためか、窮屈感が出てしまうのが惜しい。

珈琲は、深煎りの豆を使用してコクの味と香りを追求。コメダ珈琲よりも濃い、という味覚が残ります。ブレンド珈琲は一杯420円。コメダ珈琲は400円です。一宮市内の喫茶店は、経営努力の300円台。高い珈琲に、魅力的な付加価値が付けられるかがポイントとなりそうです。

一宮市はモーニング激戦区。一杯の珈琲に何かがおまけで付いてくる文化があります。元町珈琲は、それに代わってくつろぎや癒しを打ち出していくと感じられます。一宮緑の離れ店の営業時間は、朝7時30分から深夜12時です。夜の時間帯に本格的な珈琲が飲める、というのが大きな魅力です。

※グランドオープン時の来客への粗品は、ビタミンドリンク10本入りです。珈琲店とかけ離れた粗品に少々驚きました。(text in 2014.4.8)

20140408元町珈琲

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。