一宮市民が選ぶ市民活動支援制度の1票の届出が始まっています

市民活動団体(ボランティア活動団体)を支援金で応援する「市民活動支援制度」は、全国的にも珍しい行政主催の取り組みです。個人市民税額の1%を支援額の基準として、平成25年度実施の一宮市民ひとり当たりの支援額は606円。

その606円の使い道を、一宮市民(平成26年1月1日現在で、一宮市の住民基本台帳に記録されている年齢満18歳以上の市民)が「団体支援」か「基金積立」かを選択できます。制度の対象団体は広報と一緒に配布された青い冊子、インターネット、i-ビルのシビックテラス(3階)などで閲覧でき、多様な77団体があります。

選択届出の参加は自由です。出さなくても構わないけれど、一宮市内で精力的に活動されている方がいる事実を覚えておきたいです。がんばっている市民活動団体を応援する姿勢は、自分へのエールにつながると思います。選択届出の方法は、郵送、窓口受付、インターネット、出前受付があります。届出期間は、2014年2月17日まで。(text in 2014.1.30)

市民活動支援制度の詳細はこちら

20140130市民活動支援制度

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます