一宮市民が選ぶ市民活動支援制度の1票の届出が始まっています

市民活動団体(ボランティア活動団体)を支援金で応援する「市民活動支援制度」は、全国的にも珍しい行政主催の取り組みです。個人市民税額の1%を支援額の基準として、平成25年度実施の一宮市民ひとり当たりの支援額は606円。

その606円の使い道を、一宮市民(平成26年1月1日現在で、一宮市の住民基本台帳に記録されている年齢満18歳以上の市民)が「団体支援」か「基金積立」かを選択できます。制度の対象団体は広報と一緒に配布された青い冊子、インターネット、i-ビルのシビックテラス(3階)などで閲覧でき、多様な77団体があります。

選択届出の参加は自由です。出さなくても構わないけれど、一宮市内で精力的に活動されている方がいる事実を覚えておきたいです。がんばっている市民活動団体を応援する姿勢は、自分へのエールにつながると思います。選択届出の方法は、郵送、窓口受付、インターネット、出前受付があります。届出期間は、2014年2月17日まで。(text in 2014.1.30)

市民活動支援制度の詳細はこちら

20140130市民活動支援制度

この記事を読んだ人には、こんな記事も人気です

  • 市民が選ぶ市民活動支援制度の投票が始まっています 「1票から始まるまちづくり」をテーマに、2009年(平成21年度)から始まった市民が選ぶ市民活動支援制度。一宮市の事業で、市内の各地域で活動されている市民活動団体(いわゆるボランティア団体)を一宮市民が応援する制度です […]
  • 一宮市緑化推進事業補助金制度 「あいち森と緑づくり税」を一宮市では活用して、個人宅や事業所などの民有地の緑化事業をすすめています。街に緑が溢れることは、癒されたり落ち着ける空間の創作につながります。豊かに育っていく生命を見上げるのも、新しいライフス […]
  • 健康のための未就学児と小中学生の子ども医療費助成制度 健康第一。これは子供たちにとっても大切なことで、健康であってこそ、遊んだり、学んだりできるのだと思います。一宮市では、子どもを対象とした医療費助成制度を設けて、子育て家庭をサポートしています。 名称 […]
  • 東海地震に備えるために木造住宅耐震改修費補助制度を活用 一宮市が実施する「木造住宅無料耐震診断」の結果に基づいた耐震改修工事(一定基準以上に耐震性を向上する必要があります)に対して、補助金が交付されます。現地調査は、一宮市から委託を受けた耐震診断員(建築士)が行なって、耐震 […]
  • 少子化対策のために始められた一般不妊治療費補助制度 不妊症と診断されて不妊治療を受けられた夫婦に対して、不妊治療費の一部が補助される制度です。相談窓口を広く設けていますので、ぜひご活用ください。不妊治療の内容に応じて「一般」と「特定」のふたつの補助制度があります。 特 […]
  • 雨水を有効活用するための雨水貯留施設の設置補助制度 河川や水路の治水対策と行なうとともに、雨水の流出抑制に努めています。雨水貯留施設を設置することで、河川の氾濫被害の軽減を図り、貯まった雨水の有効利用で水資源を大切に扱っていきます。 名称 雨水貯留施 […]
  • 平成25年度の防犯対策補助金制度で、住まいの防犯対策を 住まいの防犯対策にかかった費用の一部を、補助金として受け取ることができます。防犯対策の種類は数多くあるため、住まいに適した対策が必要です。平成23年度から平成25年度までの3年間限定の補助金制度です。 […]
  • 少子化対策のために始められた特定不妊治療費補助制度 不妊症と診断されて不妊治療を受けられた夫婦に対して、不妊治療費の一部が補助される制度です。相談窓口を広く設けていますので、ぜひご活用ください。不妊治療の内容に応じて「一般」と「特定」のふたつの補助制度があります。 一 […]
  • 地下水量の保全を図るための雨水浸透施設の設置補助制度 河川や水路の治水対策と行なうとともに、雨水の流出抑制に努めています。雨水浸透施設を設置することで、河川の氾濫被害の軽減を図り、貯まった雨水の有効利用で水資源を大切に扱っていきます。 名称 雨水浸透施 […]
  • 夕学講座が一宮商工会議所で開講。インターネット配信される講座を受講 慶應丸の内シティキャンパスが実施している定例講演会「夕学講座」。関東で開催されているその講座を、インターネット回線を利用して、一宮市の一宮商工会議所で受講できます。 2014年度上期は全15講座が計画されていて、 […]