一宮総合食品フェアが名鉄一宮駅の構内で開催されます

一宮商工会議所の主催で、第34回「一宮総合食品フェア」が催されます。2013年10月19日土曜の午前10時から午後4時で、名鉄一宮駅の構内がイベント会場です。

地元企業による新商品発表や即売会があります。出展企業は一宮青果(青果物)、菊一あられ(あられ)、美ノ久(マスタード)、コロンビア(珈琲豆)、岩田食品(佃煮や昆布)、三井食品工業(漬物)、共和食品(生切り餅)などが出そろいます。さらに、いちのみや食ブランド認定商品の紹介もあります。今年度、新たにいちのみや食ブランドに認定された「一宮はちみつクリームパン」「焼ドーナツ」の即売会に注目。

ガラガラ抽選会が実施されたり、イチモやいちみん、あいちゃんなどのキャラクターが大集合します。尾張一宮部招待やミス七夕も参加。販売の食品は、数量に限りがあるため、午前中に「一宮総合食品フェア」に出掛けて、欲しい食品を手に入れてください。

イベント会場が名鉄一宮駅の構内のため、電車の利用者などと一緒に混雑が予想されます。通行には十分にご注意を。同じ日に、本町商店街で「イタリアフェア」が開催されていますので、こちらにも足を運んでください。(text in 2013.10.4)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます