少子化対策のために始められた一般不妊治療費補助制度

不妊症と診断されて不妊治療を受けられた夫婦に対して、不妊治療費の一部が補助される制度です。相談窓口を広く設けていますので、ぜひご活用ください。不妊治療の内容に応じて「一般」と「特定」のふたつの補助制度があります。
特定不妊治療費補助制度の詳細はこちら

名称 一般不妊治療費補助制度
対象者 下記項目のすべてに該当する場合に限ります。
1)不妊症と診断された法律上の夫婦。
2)夫または妻のどちらかが一宮市在住、または夫も妻も一宮市在住(申請日において)。
※転出後は申請できませんので、転出前に申請する必要があります。
3)医療保険(国民健康保険・社会保険など)に加入している。
4)夫と妻の前年の所得合計額が、730万円未満であること。
※補助金申請が1月から5月の場合、前々年の所得の合計額となります。
対象の要件 産科、婦人科、産婦人科、泌尿器科、皮膚泌尿器科で受けた人工授精。
※夫以外の男性からの精子提供による人工授精も対象となります。
※文書料、個室利用料などの治療に関係のない費用は除きます。
※一宮市在住時に受けた治療が対象となります。
補助や助成額 自己負担額の1/2で、1年度(3月から翌年2月の診療分まで)あたり上限が45,000円
※補助開始月から2年までが補助期間となります。
※他市町村の補助額を含みます。
※付加給付などの給付がある場合、自己負担額からその付加給付などを除きます。
申請方法 申請書類は、各保健センターで手続き方法を説明してからお渡ししています。最寄りの保健センターへお越しください。
一宮市中保健センター 一宮市貴船町3-2 0586-72-1121
一宮市西保健センター 一宮市東五城字備前12 0586-63-4833
一宮市北保健センター 一宮市木曽川町黒田字中沼南ノ切27 0586-86-1611
注意事項 ※申請期限は、2012年(平成24年)3月から2013年(平成25年)2月までの診療分は、2013年(平成25年)3月21日までとなります。
投稿日 2013.9.18
※詳細は担当窓口でお尋ねください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます