一宮市シルバー人材センターによる自主・自立と共働・共助の理念

シルバー人材センターは、臨時的および短期的な就業(雇用は除く)またはその他の軽易な業務に係わる就業(雇用を除く)を希望する高年齢退職者のためにこれらの就業の機会を確保し、組織的に提供すること、と法令で役割が明記されています。

一宮市にもシルバー人材センターが組織されていて、思いやり会館、尾西生涯学習センター、木曽川の高齢者生きがいセンター、本町商店街のふれあい広場を拠点とされています。請負業務は多岐にわたり、大工工事、ペンキ塗り、襖や障子の張り替え、庭木の剪定、刃物研ぎ、草刈りや清掃作業など、日常のちょっとした困りごとをサポートしてくれます。

料金体系は、一般企業と比べると安価。共に働き、共に助け合っていく、という共働・共助の理念があるからこその料金設定です。

高齢化社会において、シルバー人材の活躍の場は多くなります。高齢者の生きがいが生み出されることで、自主・自立が促されます。シルバー人材センターは、社会の活性化に大きな役割があると思います。(text in 2013.9.3)

一宮市シルバー人材センターの詳細はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます