観音寺の瀬部山車・臼台祭

瀬部小学校の北側の観音寺で催される「瀬部山車・臼台祭」は、地域に根差した祭です。木曽川の洪水が起きた時代に、近江の国(現在の滋賀県竹生島)の観世音菩薩様の御首が、観音寺内の銀杏の木に飛来。洪水の後だったために、その御首を安置する場所がありませんでした。清浄な挽き臼に仮安置した史実があり、「瀬部山車・臼台祭」の由来となっています。

唯一の山車の上部に、1年の月数(天に延びるように12個の提灯が並びます)と日数(円を描くように365個の提灯が設置)を表す大小の提灯を付けた籠笠があります。境内に響き渡る地元市民による笛や太鼓のお囃子に合わせて、その籠笠が、挽き臼の動くようにくるくると回ります。提灯の灯りが光の帯となり、夜空に幻想的に浮かび上がります。

提灯に火を灯すのがすべて手作業のため、その装飾準備に時間がかかります。山車が動き始める「瀬部山車・臼台祭」の最高潮は、午後9時ころから。臨時の駐車場を設けていないため、付近の住居に迷惑のかからない駐車をお願いします。

名称 瀬部山車・臼台祭(せべうすだいまつり)
開催月 8月(2017年は8月19日土曜の午後7時から午後9時に開催)
開催場所 観音寺、八剱社境内(一宮市瀬部)
臨時の駐車場 設けていません
その他 一宮市指定無形民俗文化財
瀬部山車・臼台祭

この記事を友達とシェア


こんにちは!「ハロ~いちのみや」です。そこそこ人気の「どこにある?」コーナーでは、実際にペンとメモ用紙を片手に、ケッタ(自転車のこと)やクルマで一宮市内を調査。一宮市域は案外広く、情報鮮度がややおちるかもしれませんが、日ごろの活動にご活用ください。