木曽川河畔の濃尾大花火

岐阜県羽島市との共催で開かれる「濃尾大花火」。木曽川の恩恵を受けてきた人々が、水天宮に奉納する川の祭事として、1892年(明治25年)に始めた起川祭が起源です。

水面に浮かぶ5隻のまきわら船の提灯が美しく揺らめき、ナイアガラの滝が約200メートル続き、大輪の花火が約5,000発も夜空に打ち上げられます。まきわら船は、心柱に1年の月数を表す柱提灯が12張、その真下に1年の日数を表す小提灯が12張飾られています。尾張地方で最大を誇る20号の大玉花火(直径が約60センチの大玉で、打ち上げられると約500メートルの大輪を咲かせます)が見頃です。

関東で有名な「隅田川花火」は、8代将軍の徳川吉宗が享保の大飢饉で亡くなった人を弔うために花火を打ち上げたのが起源です。日本の花火には、感謝や祈りが込められていることが多いと思います。

雨天時や木曽川の増水時は延期となるので注意が必要です。ゲリラ豪雨にも注意が必要で、急に風が吹いて来たり、黒い雲が流れてきたら用心します。

名称 一宮市・羽島市 市民花火大会 濃尾大花火
開催月 8月(2018年は8月14日火曜に開催、雨天や増水の時は16日木曜に延期)
午後7時30分から午後8時45分
開催場所 濃尾大橋北側、木曽川河畔
臨時の駐車場 一宮市民会館(午後4時から)、尾西第一中学校(午後5時30分から)、尾西プール(午後5時から)、起小学校(午後2時から)
その他 有料のシャトルバスがイオンモール木曽川の西側、一宮市民会館の南側、一宮駅西口から運行します。
※行きは午後4時30分から午後6時30分、帰りは午後8時15分から午後10時
※片道料金は、中学生以上が300円、小学生が150円、未就学児が無料です。現金に限り利用可能で、ICカードは利用不可。午後4時から往復乗車券を販売します。

濃尾大花火の打ち上げ花火

濃尾大花火のご案内マップ

会場と臨時駐車場・シャトルバス発着場の広域マップ

20180807濃尾花火大会
※名鉄一宮駅発の起行きは、午後1時1分発の便から、「新栄町」「起」「濃尾大橋口」に停車しません。「起臨時停留所」に停車します。

【一宮市民会館】臨時駐車場・シャトルバス発着場の詳細マップ

20180806市民会館の臨時駐車場
※「一宮市民会館」と「アルフレッサ株式会社の愛知物流センター駐車場」の間を往復します。
※有料シャトルバスは、交通事情などにより運行状況が異なってきます。

【木曽川】臨時駐車場・シャトルバス発着場の詳細マップ

20180806イオンモール木曽川の臨時駐車場
※「イオンモール木曽川」と「アルフレッサ株式会社の愛知物流センター駐車場」の間を往復します。
※有料シャトルバスは、交通事情などにより運行状況が異なってきます。

【一宮駅】シャトルバス発着場の詳細マップ

20180806一宮駅の臨時駐車場
※「一宮駅西口」と「起臨時停留所」の間を往復します。
※有料シャトルバスは、交通事情などにより運行状況が異なってきます。
※一宮駅まで車でお出かけの方は、駅周辺のコインパーキングをご利用ください。
一宮駅周辺のコインパーキングはこちら

この記事を読んだ人には、こんな記事も人気です

  • おりもの感謝祭一宮七夕まつり 仙台市と平塚市の七夕まつりとならび、日本三大七夕まつりのひとつでもある「一宮七夕まつり」は、一宮市内での最大級のイベントです。開催期間は主に4日間で、延べ130万人ほどの人出で賑わいます。 1956年(昭和31年 […]
  • ジャパン・ヤーン・フェアと総合展「THE 尾州」 一宮市の地場産業の底力が垣間見えるイベントです。日本で唯一の糸の展示商談会「ジャパン・ヤーン・フェア」と、尾州産地の素材力をひろく発信する総合展「THE […]
  • 真清田神社の節分祭 真清田神社の神事行事のひとつでもある節分祭。境内に豆まき用の特設舞台が整えられて、神社の関係者、一宮市長や商工会員などが、福豆や福餅を「福は内!」の掛け声とともに投げ入れます。毎回、節分祭には女優やタレントを迎え入れて […]
  • 本町商店街のイタリアフェア 本町商店街の祭で長らく親しまれてきた「おいち祭」の後継となるイベントです。2013年1月に友好都市提携に調印したイタリアのトレビーゾ市との友好をさらに深めることも目的として「イタリアフェア」と命名。 一宮市内の市 […]
  • 萩原商店街の全国選抜チンドン祭 地元の生活基盤となっている萩原商店街で開催される全国的にも珍しい「チンドン祭」。関東、関西、九州の全国各エリアからチンドン隊が集結して「全国選抜チンドンコンクール」(富山県でも開催されます)が催されます。昔は商店主が仮 […]
  • 観音寺の瀬部山車・臼台祭 瀬部小学校の北側の観音寺で催される「瀬部山車・臼台祭」は、地域に根差した祭です。木曽川の洪水が起きた時代に、近江の国(現在の滋賀県竹生島)の観世音菩薩様の御首が、観音寺内の銀杏の木に飛来。洪水の後だったために、その御首 […]
  • 尾西庁舎周辺のびさいまつり 「びさいまつり」は織物産業の発展を願って1958年(昭和33年)に産業祭として始まりました。市民参加型の祭に代わったのは1989年(平成元年)からです。南北にのびたルート102(市道102号線で、尾西郵便局から尾西第一 […]
  • 真清田神社界隈の杜の宮市 2001年に始まった「杜の宮市」は、企画から運営まですべて市民によって実施されています。真清田神社の前で行なわれた古の「三八市」のような賑わいを再現しようとする試みです。市民文化イベントを運営している街づくりグループの […]
  • 真清田神社の桃花祭 桃花祭は、江戸時代まで3月3日の桃の節句にあわせて催されていましたが、明治維新後に改めています。真清田神社の周辺に桃の木が群生して、かつては「青桃丘(せいとうきゅう)」と呼ばれていました。桃の木の枝を用いて身の汚れを払 […]
  • 洗車用品の自動販売機を一宮市内のコイン洗車場で発見 愛知県一宮市内のコイン洗車場を調査していると、洗車用品の自動販売機をみつけました。便利に使えそうですが、くれぐれも誤飲しないように気を付けてください。飲料と同じ規格の自動販売機のため、商品形態が似てくるのだろうと思いま […]