市民テレビ局のPACいちのみや

ボランティアスタッフが中心となって企画運営されている「PACいちのみや」。一宮市内でがんばっている市民団体や人を紹介するテレビ番組を制作して、ケーブルテレビICCの特別枠で放送します。

団体名にあるPACとは、パブリックアクセスチャンネル(Public Access Channel)の頭文字です。情報発信の手段として、市民が番組を制作。放送メディアを利用して市民目線で地域社会に情報を発信する仕組みのことです。取材先の選定、台本の作成、取材と撮影やインタビュー、動画編集など、番組が放送されるまでのすべてを行ないます。

著名人や時代の流行を求めてしまう傾向にあるマスメディアと異なり、地域に必要とされているボランティア活動を取り上げています。一宮のイイトコ撮りを合言葉に、きらりと輝く活動をされています。一緒に活動されるボランティアスタッフや、取材を受けたい団体を募集中です。(text in 2013.6.26)

PACいちのみやの詳細はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます